平成26年会社法改正に対応!出来る限り条文も掲載して図解も豊富にわかりやすく!

MENU

やさしい会社法
  • HOME »
  • やさしい会社法 »
  • 特別決議

タグ : 特別決議

IV-2 監査役の独立性

独立性の保障 監査役は取締役を監督する立場であることから、会社法上で独立性が保障されています。 任期 監査役の任期は4年間です。正確には選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までで …

III-5 取締役の責任

任務懈怠責任 取締役の損害賠償については、会社法第423条に規定があります。 「取締役、会計参与、監査役、執行役又は会計監査人(以下この節において「役員等」という。)は、その任務を怠ったときは、株式会社に対し、これによっ …

III-2 取締役の選任

取締役の選任 取締役は、株主総会の普通決議によって選任されます。 通常は1人の取締役の選任につき、1回の総会決議が必要とされます。例えば3人の取締役を選任するために3回の決議が行われています。そうすると結果的に、過半数の …

II-7 株主総会の決議

株主総会の決議方式 株主総会は、普通決議、特別決議、特殊決議とありますが、それは会社法第309条に規定されています。 大変複雑な条文ですので、各項ごとに簡略化しつつ解説を進めていきます。 まず、第309条1項から。 会社 …

OGP_kaisha_600x600

VI-2 株式無償割当て

株式無償割当てとは、株式の保有数に応じて、株式を無償で交付する事です。株主の株式保有数に応じて株式が増えるので、株式分割と似た効果がある分、混同しやすく試験対策では注意が必要になってきます。 株式無償割り当ては会社法第1 …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © やさしい会社法 All Rights Reserved.